ちっちゃな応援プロジェクト「ペタボ」販売開始致します。

福島の子どもたちを応援する“福島キッズわくわくプロジェクト”から 「ちっちゃな応援プロジェクト ペタボ」がついにはじまります。この「ペタボ」の売上の2/3は 福島の子どもたちの保養活動「福島キッズわくわくプロジェクト」などの支援金となります。申し込みはこちらからできます。 デザインは「ハート」                   「矢印」「ラウンド」          ...

KIプロジェクトの活動紹介の講演を行います

美濃加茂市倫理法人会様より 講演依頼を頂きました。4月13日(金)朝6時から美濃加茂シティホテルにて、美濃加茂市倫理法人会主催のモーニングセミナーで、KIプロジェクトの活動紹介の講演を行います。 詳しい内容はこちらのチラシをご覧ください。今回は「今ボク達にできること」というテーマでお話させて頂こうと思っています。参加費無料です。どなたでも参加できますので、是非ご参加ください。とき...

災害ボランティア報告会と東北支援絆の集い

5月20日(日)午後2時から金山市民会館にて金山町文化協会より行われるイベント「災害ボランティア報告会と東北支援絆の集い」に共催としてKIプロジェクト参加し、災害ボランティア活動報告を行います。 「身近な方達が協力して、ボランティア活動をされています。その活動の内容を聞くことにより、その精神や、被災地の状況を知ることとなり、人の絆や思いやりで支え合って、物事を推進する心を養い、地域の文化活動等...

かちがわ大学による講座

勝川と春日井の発展に資する「ひとづくり」のための生涯学習事業の一環として、あらゆる講座を開講されているかちがわ大学より講演依頼を頂きました。5月31日(木)19時から勝川駅駅前「スペースパレッタ」にて、KIプロジェクトの活動紹介の講演を行います。申し込みはこちらから とき  5月 31日  木曜日     19時00分~20時30分ところ スペースパレ...

KIプロジェクト保養活動を始めます

昨年からすでに保養活動や講演会、勉強会などを継続的に実施している岐阜市ボランティア団体「光の帯ネットワーク」様が今年も保養活動を夏休み期間中に1カ月間実施されます。その中で1週間をKIプロジェクトとして子ども達をお預かりすることになりました。期間は2012年8月4日から8日の1週間です。 詳しい内容は今後ご報告しますが、少しの時間でも良いのでお手伝い頂ければと思います。&nbs...

気持ち・いっぱいニュース 第4号

KIプロジェクトの活動を紹介する「気持ち・いっぱいニュース」 第4号を発行しました。気持ち・いっぱいニュース4号はこちら ...

下呂市 福祉によるまちづくり会議

下呂市からの依頼で「福祉によるまちづくり会議」の進行役をKIプロジェクトが引き受けました。 今までの活動のご紹介と共に、私たちが行ってきた「(被災地の)未来を語る会」や「追悼 気持ち・いっぱいツアー」で行ってきたワークなどを中心に行わせて頂きます。 下呂市の方にとっては下呂のまちづくりについてじっくりと語り合える空間を作ります。 下呂以外の方には、「持続可能な被災地支援の在り方」という別テーマ...

さまざまなボランティアの登録について

KIプロジェクトでは、さまざまなボランティアを募集しています。  ○売るボランティア チョコボなどを販売するボランティア  ○保養スタッフ 夏休みの保養を手伝うボランティア  ○行くボランティア 月に1回の0泊3日のボランティアツアー  ○買うボランティア チョコボなどを買って支援金を産むボランティア詳しい内容はこちらをご覧ください。ボランティアの登録をして頂くと、そのタイミングで改め...

野呂美加さん講演会を応援します

チェルノブイリの原発事故以来、保養活動を継続的に続けている「NPOチェルノブイリへのかけはし」(略称:「かけはし」)代表の野呂美加さんの講演会が岐阜県で開催されます。(主催:光の帯ネットワーク) KIプロジェクトとしても講演会の応援をさせて頂きます。 チラシはこちらをご覧ください。開催日時:2012年4月8日日曜日 13時~17時開催場所:アピセ関 岐阜県関市平和通7-5-1参加費 大...

追悼 気持ち・いっぱいツアーを募集します

KIプロジェクト企画事業 追悼 気持ち・いっぱいツアー「ボランティアには参加できないが現地にはぜひ行きたい」「子どもにぜひ被災地を見せたい」「何もできないけど3月11日に東北で追悼したい」という方々のために、KIプロジェクトとして東北へ行く企画を立てました。同じ想いの方々と一緒にあの悲しみから一年経った今を感じにいきたいと思います。期  日:2012年3月10日(土)~3月12日(月)...

気持ち・いっぱいニュース 第3号

KIプロジェクトの活動を紹介する「気持ち・いっぱいニュース」 第3号を発行しました。 気持ち・いっぱいニュース3号はこちら  ...

地元にいてもできる東北支援ボランティア募集中

KIプロジェクトでは、被災地支援のためのチョコボをはじめとする支援商品をさまざま開発・販売しています。そうした商品をボランティアで販売して頂く方を広く募集しています。 「現地には行けないけど地元で支援したい」という方や 「子どもと一緒にできるボラティアをしたい」方、 「退職後時間があるので積極的にボランティアに関わりたい」方にピッタリなボランティアです。 登録制で、来られるときだけ来て頂ければ...

KIプロジェクトのロゴが完成しました。

活動を始めて9カ月。ようやくKIプロジェクトのロゴが完成しました。 コンセプトは「大切な日本を温かい心で包み込む」というものです。気持ち・いっぱいプロジェクトに相応しいロゴです。今後ともKIプロジェクトのご支援、ご協力をお願い致します。...

福島の子どもたちを応援する「ちっちゃな応援プロジェクト ペタボ」進行中です。

福島の子どもたちが、元気で伸び伸びと外で遊べるように、岐阜県に保養に来られる企画に賛同して、KIプロジェクトとして「ちっちゃな応援プロジェクト ペタボ」で応援します。 (画像はサンプルです。商品化された場合には、一部デザインや文章が変更になる場合があります。)KIプロジェクトでは、「1人でも多くの福島の子ども達の笑顔が見たいから」というコンセプトの元に、福島の子ども達を応援するプロジェクト...

多治見でKIプロジェクトの夢を発表します。

「ドリームプランプレゼンテーション岐阜 2012 in たじみ」でKIプロジェクトの夢を発表します。ドリームプランプレゼンテーションとは、「大人が夢を語り、その夢を叶えていく」大会です。今全国各地で、またさまざま業種で同様の大会が開催されています。 今回の多治見で開催されるドリームプランプレゼンテーションでも素晴らしい感動のプレゼンテーションが繰り広げられることと思います。 このプレゼンテーシ...

思い出と未来を語る会

今後も継続的に東北支援のボランティア活動は続ける中で、この先何年も続く支援の在り方について語る会を開催します。 今までKIプロジェクトの活動に参加した人はもちろん、参加したことのない人や、参加したくても参加できない方、また現地には行けないけど自分の地元でなら何か応援したいと思っている人など、東北復興に対して前向きに協力して頂ける方ならどなたでも参加できます。日時:2012年1月21日土曜日...

気持ち・いっぱいニュース 第2号

KIプロジェクトの活動を紹介する「気持ち・いっぱいニュース」 第2号を発行しました。 気持ち・いっぱいニュース2号はこちら ...

ちっちゃな応援プロジェクトのメッセージ募集

 「地元にいてもボランティアセンターや長期ボランティアの方々にできる金銭的な支援はないか?」というコンセプトから、食べるボランティアに続くもう一つのプロジェクトがスタートしました。 その名も「ちっちゃな応援プロジェクト」です。たくさんの方々のメッセージをシールにして販売する「ちっちゃな応援プロジェクト」が進行中です。 PDFファイルはこちらをご覧ください。上のようなデザインで百人のメッ...

ボク達の想い

KIプロジェクトの活動を続けているボク達の想いをまとめました。 この活動に対するボク達の想い玄関にごみが落ちていたらボクは拾うだろう。 そのごみが隣の玄関だったとしてもきっと拾うだろう。 その隣でもきっと拾う自分がいる。 お隣に住むおじいちゃんが亡くなったら涙してお悔やみに行き、 お葬式の手伝いなどをするだろう。 そのお隣のおばあちゃんが亡くなれば、 同じように涙してお手...

気持ち・いっぱいニュース 第1号

KIプロジェクトの活動を紹介する「気持ち・いっぱいニュース」 いつまで続けられるかわかりませんが(笑)、続けられる限りがんばります! 気持ち・いっぱいニュース1号はこちら...