お知らせ

「3.11追悼キャンドル」今年も販売します。

Share on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on LinkedInShare on TumblrShare on Facebook
20160203_150326

昨年2月12日(金)発のボラバスにて13日(土)に石巻・気仙沼・女川各集会所の方達と共に作った3.11追悼キャンドル今年も販売いたします。

  キャンドル作り 

 キャンドル    IMG_5925

 

灯し続ける想い

それは

3月の寒い日に起きた出来事だった。
それは、それは、
悲しい出来事だった。

私たちは、忘れない。
あの日に起きたことを。
あの日の哀しみを。
今も悲しんでいる人がいることを。
あの出来事から教えてもらったことを。

私たちは、忘れない。
いつか来る災害のことを。
自分たちの命の大切さを。
今日生きられることの感謝を。

今を生きる人、
そして未来に生きる人へと
大切な想いを灯し続ける。

未来が明るくなるように
灯し続ける。
想いを灯し続ける。

東日本大震災から5年が経ちます。お亡くなりになった方には心からお悔やみ申し上げます。また被災された方や近親者を亡くされた方など、改めて心からお見舞い申し上げます。
ほんの少しでもこの哀しみが癒えるようにと、今なお仮設住宅に暮らす方々と一緒に追悼のキャンドルを作ります。
身近な方々と追悼の時間に灯してもらい、東北の方々に思いを寄せてもらえればと思っています。
思い思いの場所で、思い思いの時間に大切な人と一緒にこのキャンドルを灯して。
でも、それぞれのスタイルであったとしても、灯す人みんなが一つの気持ちでその時を過ごしてもらえたなら、このキャンドルを灯すのを空の上の人たちがもし気付いてくれたら、きっと少しは心が和むかなと思っています。

灯し続ける想い。
少しの時間でも優しい想いが広がり、つながることを願います。

 

KIプロジェクトは震災が発生してから「自分たちができることは何か」と言うことで、がれき撤去の作業から始まり、皆さんの楽しみに少しでもなれば、という思いで交流事業などの活動を続けさせて頂いています。

私たちはこの5年の節目の時に、追悼のために何かしたいという想いがあります。

KIプロジェクトでは身近な人だけで追悼の時間を過ごしてもらえるような、そんな企画ができないかを考えて、追悼のシンボルであるキャンドルを作り販売したいと考えました。

 

皆さんの想いを込めて作って頂いたキャンドルを灯して、3月11日に震災当時のことやこの6年間のことを振り返り、それぞれがそれぞれのスタイルで追悼の時間を過ごしてもらえたらステキだと思っています。

そんな想いで、この企画を考えさせて頂きました。皆さんのご協力を何とぞよろしくお願い致します。

商品  追悼キャンドル311   「し続けるい。」

価格  送料・税込   ¥700

販売  2016年2月20日より販売しています。

通販またはお電話にて受け付け致します。

お問い合わせ・ご購入は下記お申込みフォーム

お申し込みはこちらから受け付けます。

キャンドルチラシ